ウッド・リノベーションプラン:根岸徳美

beforeafter

思い出の家を両親から受け継いだ自分たちの住まいへ。

これからの二人暮らしのために

40年前に父親が建てた家を受け継いだ。両親と暮らした思い出が詰まっているので、手放したり壊してしまうのは名残惜しい。現在、子どもたちは進学・就職のために私たちの元を離れている。これからのことも考え、ふたりで暮らすための家にしたい。(夫)

歳を重ねても暮らしやすく

定年後は家で過ごす時間が多くなり、階段を上がるのも次第に億劫になるという。1階部分を広々と使えるように、車椅子で暮らすことも考えておきたい。寝室近くにトイレや浴室があるといい。(夫)

暮らしを楽しめる家

キッチンに立つと家全体の様子がわかるのがいい。庭や居間、寝室の様子、玄関や外の気配など。料理や家事を分担したり、一緒に楽しみながら暮らしたい。人を招きやすく、賑やかに集える場所にしたい。窓からの眺めや障子越しの光、通り抜ける風などが感じられる、心地よさを大切にしたい。(妻)

Concept work

この家族が受け継いだ家は築40年近くになり、屋根防水や外壁塗装のメンテナンスの時期と重なっていた。また、1階の東西方向の柱間に壁がほとんどなく耐震要素が少ない。今回のリノベーションの目的は2つ。

(1)建物の性能を向上させる。

a.耐久性の向上・・・屋根防水、外壁仕上のメンテナンス
b.省エネ性能の向上・・・ 外断熱、サッシの取替え。aと同時に行うのがよい。
c.耐震性能の向上・・・  東西方向に2枚の耐震壁を新設。(2)と同時に行うのがよい。

(2)暮らしやすく楽しく過ごすことのできるプラン変更。

木部の間仕切壁は構造部材でないため全て取り払うことができるのが、鉄筋コンクリート造のリノベーションの利点である。1階部分の玄関・階段以外を全面改装。新たな耐震壁を活かし、寝室南側にデッキに面したワンルームの明るい水廻りをつくる。寝室は4.5帖大の畳床にもでき、居間と建具や収納を介して緩やかにつながる。2階の6帖3室は改装せず、それぞれを客用寝室、趣味室、納戸として使用する。

根岸徳美

根岸徳美

Negishi Narumi

1964年生まれ。UN建築研究所株式会社所属。

神戸大学工学部建築学科卒業。1993年にUN建築研究所設立。2008年改組。NPO法人とくしま山・すまい・まちネット理事。

趣味

まちなみ散策

設計で大切にしていること

気持ちのよい木の家をつくりたいと考えています。私たちは林業家が長年大切に育ててきた木を住む人に手渡す役割。製材所の人たちや大工さんと一緒に、使う場所によって強度や性質、色目など、適材適所に木配りをします。木の家のいちばんの良さは、住む人に優しく心地よいことです。

これまでの設計

鎌倉のサンゲンカク、佐那河内小・中学校etc.

これまでの設計

WEBサイト(外部リンク)

UN建築研究所

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
このページのトップへ