よくあるご質問

Q02.木材利用ポイントの活用を考えているのですが,いつまで実施されているのでしょうか?


国の予算で実施されている事業です。木造住宅の新築・増築・リフォームにスギ・ヒノキ・カラマツなどの木材を基準以上利用すると,最大60万円相当の「地域の農林水産品など」と交換できる制度です。

平成26年度着工している時期が9月末まで,申請の締め切り(竣工写真等含む)が平成27年1月末までとなっています。詳しくは,「木材利用ポイント」ホームページで確認をお願いいたします。(*^o^*)

ホームページはこちら

https://mokuzai-points.jp/index.html

あと,徳島県では,平成26年度住みたい「徳島すぎの家」づくり支援事業が始まりました。県内外で、徳島県産材を使って住宅や店舗などの新築・増築・リフォームに徳島県内の木製家具や農林水産物品等(最高10万円相当)を提供する事業です。

なお,上記の「木材利用ポイント」事業と併用することができますよ (*⌒▽⌒*)詳しくは,徳島県木材協同組合連合会ホームページで確認してください。

ホームページはこちら http://awa-kenmokuren.com/archives/659

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone

Q01.徳島すぎの家のいいところって?


やはり、いちばんは「安らげる」ということでしょう。
手触りや、木の香りでリラックスできる空間が我が家だったら
嬉しいと思いませんか。
また、徳島で生まれ育った木というのは、
徳島の気候をいちばんよく知っているので、
土地の木を使って建てることがよいと言われています。
(輸送コストも抑えられますしね!)。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
このページのトップへ